Internet Explorerでは当サイトは正しく動作しません。最新ブラウザへの更新をお勧めします。
  • pic1
  • pic2
  • プラスチック製容器包装の資源循環の推進
  • ヤクルト本社
  •  ヤクルトグループは、海洋プラスチックごみ、温暖化、資源の枯渇などの世界的な問題を踏まえ、未来に向けて、プラスチック製容器包装の資源循環を推進する取り組みを行います。
     2025年までに、環境配慮型容器包装の基礎技術を確立したうえ、資源循環しやすい素材(バイオマス素材、リサイクル素材、生物分解性素材等)への転換に着手し、2030年までに、循環資源市場や環境インフラ等の外部環境の整備状況と連動しながら、最大限の転換を図ります。
     また、容器包装へのプラスチック使用量の削減や、生産工程で使用するプラスチック製梱包材の再使用等の取り組みについて、これまで以上に推進していきます。
     今後とも、国や自治体、業界団体、取引先、地域社会等のステークホルダーと連携し、また、お客さまへの分別回収等に関する啓発活動も行いながら、資源循環に向けた取り組みを積極的に進めていきます。
    • カテゴリー
    • 広める / 広報活動・啓発活動
    • 主体
    • 企業
    • 業種・業態
    • 卸売・小売・飲食業
  • pic1
  • pic2
  • ヤクルト本社
  • プラスチック製容器包装の資源循環の推進
  •  ヤクルトグループは、海洋プラスチックごみ、温暖化、資源の枯渇などの世界的な問題を踏まえ、未来に向けて、プラスチック製容器包装の資源循環を推進する取り組みを行います。
     2025年までに、環境配慮型容器包装の基礎技術を確立したうえ、資源循環しやすい素材(バイオマス素材、リサイクル素材、生物分解性素材等)への転換に着手し、2030年までに、循環資源市場や環境インフラ等の外部環境の整備状況と連動しながら、最大限の転換を図ります。
     また、容器包装へのプラスチック使用量の削減や、生産工程で使用するプラスチック製梱包材の再使用等の取り組みについて、これまで以上に推進していきます。
     今後とも、国や自治体、業界団体、取引先、地域社会等のステークホルダーと連携し、また、お客さまへの分別回収等に関する啓発活動も行いながら、資源循環に向けた取り組みを積極的に進めていきます。
  • カテゴリー
    • 広める / 広報活動・啓発活動
    • 主体
    • 企業
    • 業種・業態
    • 卸売・小売・飲食業
  • SDGs