ポイ捨てなどにより、回収されずに河川などを通じて海に流れ込む「海洋プラスチックごみ」が日々発生しています。
世界全体で日々大量に発生する「海洋プラスチックごみ」は長期にわたり海に残存し、このままでは2050年までに魚の重量を上回ることが予測されるなど、地球規模での環境汚染が懸念されています。

こうした問題の解決に向けては、個人・企業・団体・行政などのあらゆる主体が、それぞれの立場でできる取組を行い、
プラスチックと賢く付き合っていくことが重要です。

環境省では、そうした取組を応援し、さらに広げていくため「プラスチック・スマート」キャンペーンを実施しています。

取組を皆様と広めていくために、プラスチック・スマートに関する皆様の活動にぜひ公式ロゴをご活用ください。

ロゴのダウンロードはこちら

  • {{item.title}}

    {{item.org}}

  • プラスチック・スマートに関する取組・アイディアを「#プラスチックスマート」でInstagram・Facebook・Twitterに投稿しよう!

    • 下記のような取組をしたり、アイディアを考えついたりした場合に、
      その写真やコメントをSNS(Instagram・ Facebook・Twitter等)で
      「#プラスチックスマート」とタグをつけて投稿。
    • ごみ拾いイベントに参加した
    • マイバッグ・マイボトルなどの活用により、ワンウェイのプラスチックの使用を控えた
    • 再生プラスチックを使っているなど環境に配慮した商品を買った
    • ワンウェイのプラスチックの使用削減につながる知恵・アイディア

    参加方法

    • それぞれのSNSにログインしてください。
    • 写真を選択して、ハッシュタグ「#プラスチックスマート」とコメントを書いて投稿
      ※コメントのみでも可
    • 投稿完了!

    海洋プラスチックごみ問題の解決に貢献する以下のような取組を企業や団体の皆様から広く募集しています。

    • ポイ捨て・不法投棄撲滅運動
    • 散乱ごみや海岸漂着物の回収イベント
    • リデュース(例:ワンウェイのプラスチックの使用削減)
    • リユース(例:イベントでのリユース食器の利用)
    • リサイクル(例:焼却処理されていたプラスチックのリサイクル)
    • リサイクル素材・製品の利用
    • 代替素材(バイオプラスチックや紙)の利用

    必要事項をご記入の上、下記メールアドレスまでお送りください。

    ※恐れ入りますが、登録用フォーマットと一緒に写真およびロゴのデータも送付願います。

    上記のフォーマットにをご記入の上、下記メールアドレスまでお送りください。また、メール本文には下記の必要事項をご記載ください。なお、任意の様式でご登録頂くことも可能です(PDF形式でお送りください)。また取組名称および取組を紹介しているURLのみ登録することもできます。

    ■ 送付先
    plastics-smart@env.go.jp
    (プラスチック・スマートキャンペーン事務局)
    ※件名は「プラスチック・スマートキャンペーン取組登録」として頂くよう、お願い致します

    ■ 必要事項
    ①氏名、②所属、③電話番号、④掲載写真(350KB~1MB未満)3枚まで、⑤掲載ロゴデータ(350KB~1MB未満)

    登録いただいた取組事例は、このキャンペーンサイトやSNSの環境省アカウントなどで紹介させていただきます。また、英語でも登録いただいた場合は本キャンペーンサイトの英語版でも紹介させていただくとともに、希望される場合に限り、世界経済フォーラム(WEF)の下の循環経済を目指す官民連携プラットフォームPACEと連携した情報発信などを行っていきます。

    ご登録頂いた取組事例は、来年6月の「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」の機会に、フォーラムを開催し、優れた取組について大臣から発表・表彰されることがあります。