徳島県

徳島県

レジ袋削減枚数

7,000万枚算定対象期間:2019年9月1日~2019年9月30日 × 12ヶ月で年間削減枚数を推計
(有料化開始後1ヶ月の削減枚数より推計)

取り組み事例

事例 レジ袋の削減へ向けて

■「レジ袋削減等に関する協定」の締結

2019年、19事業者と協定を締結し、県内でチェーン展開する食品スーパーの8割を超える店舗でレジ袋の無料配布が中止されました。

無料配布中止前には、集中的に「マイバッグキャンペーン」を実施し、これまで10%台であったマイバッグ持参率が80%台に跳ね上がり、年間約7,000万枚(県民一人当たり約100枚)のレジ袋が削減される見込みとなりました。

「レジ袋削減等に関する協定」の締結_1 「レジ袋削減等に関する協定」の締結_2

■「レジ袋サクゲン作戦」の実施

2019年2月より、県・NPO・事業者2社の4者の共同で「レジ袋サクゲン作戦」を開始しました。

これは、小学校で全児童に対し、海洋プラスチックごみの現状や課題について説明したうえで、各家庭に眠っている紙製や布製、不織布などのショッピングバッグを学校に持ち寄ってもらい、集まったショッピングバッグをスーパーに設置し、レジ袋の代わりとして使用してもらい、レジ袋の削減を図るものです。

当初は小学校で開始しましたが、後に高等学校の協力を得るなどし、3,000枚を超えるショッピングバッグを集め、地域のスーパーで活用いただいております。

「レジ袋サクゲン作戦」の実施_1 「レジ袋サクゲン作戦」の実施_2